2009年07月28日

浮気。

結婚している男性は浮気疑惑を持たれる方も多いのではないでしょうか?
実際、女好きで浮気好きな人も多いとは思いますが、すべてがそういう人ではありません。
夜勤などの仕事に行くと、時間的に不定期になり、何をしているか分からない(仕事してるんだよっ!笑)ので、嫁に「浮気でもしてるんじゃないの?」っと冗談交じりに言われる事もあります。
安心しろ、女房気にするほど旦那はモテねーよ!(笑
まぁ出逢った当時、僕が人生最大のモテ期だったのでその印象があるのかもしれませんが・・・
今じゃ女っ気一つ無いのですけどね。
娘loveだし←

世の中には、「そんな時間あるなら、自分の趣味をゆっくりやりたいよ!」っと言う男性も案外少なくないと思います。
逆にやりたい事の出来ない家庭に帰るのが嫌になって、言い方悪いですが、暇をつぶす為に浮気をする人だっているかもしれないですよね。

浮気する時間と金と労力あったら、趣味に注ぎ込みたいと思う僕はおかしいのでしょうか?(笑
面倒なの嫌ですしね。

まぁこんな考えを払拭するような出会いがあるのならば、それは浮気ではなく本気と言うのでしょうね(笑
posted by yebisu at 01:00| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

なーちゃんと花火大会。

花火大会の季節ですね。
皆さんは花火大会に行かれたりするのでしょうか?
うちは、ちょうど先日近くで花火大会があり、うちの窓からきれいな花火が一望できるのですが・・・・
何とか開始時刻ぎりぎりで帰宅できたので、家族一緒に花火を眺めようと思ったのですが、開始での花火の音で娘は怖がってしまい、パニック状態。
去年も同じだったのですが、抱っこしてあげれば見ていたので、今年もそうだろうと思ったのですが・・・・違いました(笑

花火が上る度にびびり、花火の見えない部屋に閉じこもる始末・・
うちは、3時のおやつや間食のお菓子を与えない変わりに、夕飯をちゃんと食べた時はコンビニにお菓子を買いに連れて行って、好きなものを買ってあげるのですが、それにすら行かないと言う始末(笑

ちょうど花火も休憩になったのか、しばらく音が鳴り止んだとき、娘が「花火終わり?コンビニ行く?」とおっかなびっくりで言ってきたので、連れって行く事にしたのですが・・・

コンビニに着く手前で花火が再始動。
娘はこれにびびり、コンビニの前に逃げ込むと、コンビニに立てこもると言う暴挙に出たのです!
何とか説得しようと、「ほら、出てきてごらん?きれいだよ?」
娘 「パパ!危ない!出ちゃだめ!!」
・・・戦争でもやってるのだろうか?

相当怖かったらしく、花火はトラウマになってしまうかと思いきや・・・後日娘が語ってました。

娘「花火きれいだったね〜〜」

ええ・・・・・みてないじゃーん(笑
まあ、音が怖かっただけで、花火は綺麗だったみたいです。
来年は楽しめるといいね。

娘は今日も元気です。
posted by yebisu at 08:14| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

今日の夕飯。

先日、夕飯は鳥と聞いたうちの娘の反応は・・・・
公園での出来事です。

娘 「今日のごはん鳥さんなのー?」

僕 「うん、そうママが言ってたね。」

娘 「ふーん・・・・・あ、ぽっぽ(ハト)さん!」

娘 「パパ、ぽっぽさんは鳥でしょう?」

僕 「う、うん・・・・(ぎくり)」

だーっと走り捕まえに行くと・・・・

娘 「まて〜〜〜〜っ、ごはんまて〜〜〜!

なーちゃん・・・・またかよorz
3歳児にハンティングさせる親って一体orz
ハトはくわねーよ(笑

娘は今日も元気です。
posted by yebisu at 01:45| Comment(2) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

多忙なのも考え物。

だいぶブログを更新できずにいてすみません。
折角コメントいただけている記事があるのですが、明日あたりからちょっと余裕出てくるので、ゆっくりコメントいたしますので、本当に申し訳ございません。

このご時世忙しいのはありがたい事ですが、あまり多忙なのも考え物ですよね・・・・
昼、夜、昼、夜・・・・子供ともあそべないっちゅーねん!
ばてる〜〜〜。

p.s.
今日少しだけ、EWのチャットの方に参加させていただきました。
ありがとうございました。
posted by yebisu at 00:26| Comment(5) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

音についての考え(最終回)

さて、このシリーズもいい加減最後です。
最後まで読んでくださった方・・・・物好き・・・こほんっ・・・本当にありがとうございます!

結局僕は今までの人生、結構な時間を掛けた壮大な自慰行為をしてきた訳なのですが(笑
こうして考えると、僕は音楽と言うより、音にこだわってた時間の方が長いかもしれませんね。
ただ、効率よく、良い順番でDTMをしてこれたと思う自分なのですが、総合して考えていくと、壁に当たった時に考えると言うのが一番効果的かもしれません。
所詮、そういう事を前もって勉強してみても、雲をつかむような話になりかねないので、アバウトにそういう事が出来るのか〜程度で、やりたくなったら覚えていく。
これで良いのだと思います。

DTM的に音楽を製作していく場合、いろいろなアプローチの仕方があると思います。
ただ、それを全部はじめからやろうとするのは、かなり無茶な事かもしれません。
創作の為のツールが創作の邪魔をしている状態ではつまらないですよね。
ただ、僕の場合、楽器もあまり弾けないし、唯一弾けるギターも現状では弾ける状態ではないので、DTMとして楽器を奏でるパソコンは、いわば楽器です。
楽器だからこそ、ある程度(妥協しないと完成しないよ笑)納得するまで調整しますし、時間があるならばこだわりたいとは思います。
EWの大御所きむち師匠も仰られていました。
DTMでは弾けもしない楽器が簡易に音が出せる。
だから、その楽器を弾く人の為にも、楽器の為にも愛情をかけてあげなければならない・・・みたいな事(おいっ)を。
確かにそうとも感じます。
リアルで弾く事をイメージした、Demo的な作品ではなく、僕にはここが本番ですから、生演奏でうんたらと言う気はありませんので、出来る手段を用いてクオリティを上げていくしかないのです。(ばばーーん!)
まぁそこまで力んで語るほどでは無いと思いますが(笑

あと、僕は理論的な事は今まで避けてたわけでも無いのですが、語れる程知識が無い為に語りませんでした(笑
別に理論を否定する訳ではありません。
ある程度、音が出せるようになってから作曲理論なんかを学んでいけばいいやと思ってから、早20年(笑
ですが、最近時代の進歩と共にミックスや音源も良くなり、そこまでこだわる必要も無いかなと思い始めたので、死ぬまでの良い趣味として音楽理論なんかも勉強していけたらなぁと思っております。

それと色々書いたついでに、ちょっと精神論的になってしまうかも知れませんが、僕にとって大事な要素がもう一つありました。

ネットでE-Windに登録した時のお話です。
十年以上前、まだMIDI全盛だった頃、E-Windはオリジナル楽曲もありましたが、どちらかと言うとコピー楽曲が多く、MIDIの腕を試すようなサイトでした。
その頃も登録したのですが、今回はもっと後、完全オリジナルの曲のみなってからのお話です。

まず、E-Windに行った時の印象は、腰を抜かすほどハイレベルな曲から最近作曲を始めました!って言う人までそろい、かつコメントも製作者同士のため、マニアック。
音楽を一般に向けて聴かせる他の投稿サイトとは異なり、いわばトラの穴的印象で、どちらかと言うと、一般人お断り(勿論そんな事はありませんよ!)で製作者同士が互いに高めあうようなサイトに感じました。

僕にはせっかく作ったのに人には聴かせた事のない曲はたくさんありました。
どうせなら人に聴いてもらいたいと思ったりもしましたので、早速投稿しました。
あの時のあのどきどき感は凄かったです。
はじめて人に自分の曲を聴かせた時のあれに良く似ていて、新鮮かつ緊張しました。

勿論交流サイトと言う事もあり、曲を聴くのも好きな僕はコメントをつけ始めます。
このコメントと言うのは難しいですよね、自分と同じ製作者なので、自分の事棚上げでは中々言えないし、伝えたくても音楽用語を知らなくては文章にできなかったりとか(笑
あと、全然違う方向にコメントしても、突っ込まれるんじゃないかとか、気分をわるくするんじゃないか?とか色々気にします。
実はこのコメントをしたり読んだりする事で、色々調べたり、ヒントになったりと凄く重要な要素だと思いました。
(楽曲としてはプロや偉大な作曲家が残した、素晴らしき作品を聴くのも大事ですが、おおよそ似たような環境で製作した音楽を聴いたり、質問したり、交流できるのは色々な意味で勉強できると思います。)

折角の交流サイトですし、凄い音楽家の方たちと仲良くなれるチャンスでもあり、しかも勉強もできるので、自分にはコメントなんか出来ないとか思ってる人も、積極的にコメントしてほしいですね。
コメントが付くと嬉しいのは相手も一緒ですし、色んな意味で自分にも帰ってくると思うので。

そしてE-Windに登録して、本当にすぐの頃、大事な出会いがありました。
その人こそ、仲良くしてもらっている「三月ウサギ」さんその人です。
この三月さん、このサイトではほぼ同期で、彼の作った「6月の花嫁」を聴いた時に凄く衝撃的でした。
今までの僕では考えなかったオーケストラ楽曲、クラシカルでいて聴き手に優しく美しいメロディ、そして見事な楽器のハーモニーがストーリを奏でます。
聴いた時、凄く良かったのですが、気の利いたコメントも出来なかったし、彼の曲をもっと聴いてみたいと思った僕は彼の開いているHPに足を運ぶのでした。
そこで目にしたのは、へもいっ子クラブの歌なる物で、僕は意味も分からずに他の曲も聴ける〜♪と聴き始めたのですが・・・・衝撃でした。
そこには音声ソフトをボーカルに乗せた数々の曲達・・・始めは大笑いしましたが、聴けば楽曲にうなる物もあったりと、決して曲にも手を抜いていません。
こんな事を言っては怒られるかもしれませんが、あれだけ二枚目な曲を書ける人なのに、こちらも本気。
そう、本気で音で遊んでいると僕には感じられたのです。

生演奏どうちゃら、ミックスがどうちゃらでは無く、そこにあるもので、自分のできる事で音を楽しむ・・・ああ、これが音楽なんだなぁと感じました。
今まで、わだかまってた物がとても馬鹿らしく思えました。

そこから、音が出ただけで楽しかった頃を思い出しました。
無理だと勝手に決め付けていたオーケストラもやってみよう!など、出来る出来ないは別にして、自分に制限を掛ける必要が無い事も思い出しました。

そして、何より交流してくれている音楽仲間の存在です。
三月さんをはじめ、多くの音楽家の方達と仲良くなり、その交流のために音楽をやってる節もありました。
音そのものとは関係無いかも知れませんが、このような交流が勉強になり、刺激になり、楽しみになり、やがて音楽に帰ってくる物だと僕は思っております。
作品を聴かせるのにも相手が必要ですしね(笑

ロジカルに理論として捕らえるのだっていいし、思いつきで音楽やったっていいし、僕みたいに機材語る事で音楽だと思ってる奴だっている。
結局音楽が楽しいからだと思います。
これからも存分に音を楽しんで行きたいと思います。



今回、眠くて何かいているか分からない(笑

読んでくれた方ありがとうございました!

posted by yebisu at 02:00| Comment(6) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。